毎月実施、「商売の技術を学ぶ読書会」のフォローです。

今日取り上げるのは…「スローガン」の作り方!

多くの企業は社会的使命を掲げ、スローガンを用意しております。

ロッテだと「お口の恋人」、ファミマだと「近くて便利」が一例ですね。

そして、スローガンは大企業だけでは無く、個人で活動する場合でも大切です。

その作り方、早速ご紹介!

————————————–

【スローガンの作り方3つのステップ

○第1ステップ

自分の仕事が解決する社会問題とその方法を明確にする。

○第2ステップ

自分の仕事を1分間で説明出来る様に整理

○第3ステップ

上記の説明を踏まえ、20文字程度に短くする

※ポイントは、いきなり短い文章を考えようとしないこと。少しずつ縮めていくのが確実です。

————————————–

っと、簡単に説明してみました。

いかがでしょうか、なんとなくスローガンのイメージが掴めたでしょうか。

実際に作ろうとすると、つまづくポイントが出てくると思います。

それどころか、一切ペンが動かない人もいるでしょう。

ただ、それでいいんです。

そもそも、活動する中で何年もかけて作り上げるのがスローガン。

スローガン作りを通じて、自らの活動を整理することが大切なのですから…。

もしスローガンが出来上がった人は素晴らしい!

自身の活動をさらに前に進めてほしいです。

以上、ご参考になさってください。

引き続き、色んな読書会で得た見識をお伝えして参ります。

==========================

▼次回の読書会、テーマは「商品力の強化」1/31実施

https://www.facebook.com/events/2583147601803132

==========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA