これで最後かな、対面での読書会は。
本日は淀屋橋で「商売のコツを学ぶ読書会」を実施致しました。

コロナはワクチンの普及だけで数年かかり、経済的な影響はそれ以上です。
そのような時代では、己の価値観や生き方が問われます。
今回の読書会では、そんな時代に仕事をする秘訣をお伝えしました。

長い、長い昭和が終わりました。
高度経済成長期から続く働き方が、完全に終わりを迎えるのです。

自分が、何の為に仕事をして、その仕事が社会的にどう役立つのか。
そこをハッキリと説明出来ない人は、コロナ後では仕事を任されないでしょう。
テレワークの時代では、周囲に同僚がおりません。
自らの成果や行動をしっかりと説明する能力が必要だからです。

そして、正社員のような雇用形態も衰退します。
誰もが、個人事業主のような発想や思考回路が求められます。

今回の読書会では、己の仕事の「存在意義」を整理し、皆が発表できるように致しました。
仕事の存在意義やミッション、そしてスローガン。
普段の仕事では、あまり振り返らない考え方でしょう。
ですが、今のように自粛で暇な時期だからこそ、考えてみる価値があります。

自身の仕事の棚卸しであると同時に、未来に繋がる読書会だったかと思えます。
今後も、コロナ時代に向けて「商売のコツ」をお伝え致します。
本日ご参加いただいた方には感謝の念が尽きません。

ありがとう。
 

============================

○次回開催情報

【Zoom】4/25(土):商売のコツを学ぶ読書会

https://www.facebook.com/events/832331970593771

============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA